豆知識

頭痛になる原因とは?頭痛が治るツボをご紹介

こめかみが痛い!頭痛がする!こめかみは頭痛が一番起こりやすい場所です。

頭痛はクモ膜下出血や脳腫瘍といった重い病気でも発生しますが、今回は筋肉が原因で発生する頭痛と対処法をご紹介したいと思います。

頭痛の原因とは?

頭痛は血管性、筋緊張性、牽引性、炎症性、心因性、神経性など様々な原因で引き起こされます。

この中でも特に起こりやすい頭痛が筋肉の緊張によって起こる頭痛。

私たちは日常生活を送る上で体のあらゆる筋肉を使って生活しています。しかし、現代社会において長時間のスマホや長時間のデスクワークによって同じ姿勢になってしまうと筋肉はそのまま硬くなってしまうことがあります。

筋肉が硬くなってしまうと血管が圧迫され、血液循環の流れが悪くなり、頭にいく血液が少なくなって頭痛が引き起こされるのです。

こめかみに起る痛い頭痛の原因

頭痛は頭のあらゆる場所で起こりますが、こめかみで起る頭痛は首と肩の筋肉に関係しています。

首や肩の筋肉が硬くなると痛みが発生し、筋肉の関連痛としてこめかみに頭痛が発生します。

関連痛とは痛みを発生している部位とは異なる場所で発生する痛みのことを指します。例えば冷たいかき氷を一気に食べた時に発生する頭痛も関連痛の一つです。

こめかみの頭痛に関連する筋肉

こめかみに発生する頭痛は4つの筋肉が原因です。

胸鎖乳突筋

動作(作用):胸鎖乳突筋は主に首を回したり、首を横に倒したりする時に使う筋肉です。

筋肉の場所:頭を右や左を向いた時に首でボコッと大きく触れる筋肉が胸鎖乳突筋。

関連痛:胸鎖乳突筋の関連痛はこめかみから眉毛の上まで関連痛が発生することがあります。

胸鎖乳突筋が原因の症状 むち打ち症、長時間下を向くことが多い、猫背
胸鎖乳突筋で痛くなる動き 首を前、後ろ、横に倒すと痛みが発生する
胸鎖乳突筋で発生する頭痛  胸鎖乳突筋はこめかみ、眉毛の上、後頭部などで痛みが発生します。

胸鎖乳突筋に効くツボ

完骨、天窓、天容、扶突、水突、気舎

胸鎖乳突筋に効くストレッチ

胸鎖乳突筋は左右の首にありますが、ストレッチを行いたい方の反対側の方に斜め後ろ首を倒しましょう。手で少しずつ上から力を加えながら倒しましょう。ストレッチは1回7秒ほど行い、1日5回から10回行いましょう。

板状筋群

板状筋群は頭板状筋と頚板状筋の二つからなる筋肉です。
主に首を前に倒したり、後ろに倒したりするときに使います。

頭板状筋の場所は頭の骨から首の骨の頸椎や背骨の骨の胸椎にくっついています。
頚板状筋は胸椎から頚椎にくっついています。

板状筋群が原因の症状 肩こりがある、高い枕を好む、目の奥が痛む、慢性的頭痛
板状筋群で痛くなる動き 首を横に倒したり後ろに倒すと痛みが発生する
板状筋群で発生する頭痛  板状筋群は板状筋群はこめかみに頭痛が発生しますが、頭の頭頂部にも痛みが発生します。

板状筋群に効くツボ

頭板状筋:完骨、風池

頚板状筋:天柱、風池、瘂門

板状筋群に効くストレッチ

胸鎖乳突筋と同じようにストレッチしたい板状筋群の反対側の後ろ横に倒します。ただし、板状筋群の場合は胸鎖乳突筋の時よりもやや横目に倒します。

僧帽筋

僧帽筋は首から背中にかけて存在する大きい筋肉です。上半身の様々な動きで僧帽筋が関わって来ます。

僧帽筋は頭の後ろの骨から、頚椎、肩甲骨、胸椎にくっついています。肩の筋肉では最も大きい筋肉になるので、ボディビルダーの方がよく鍛える筋肉です。

僧帽筋が原因の症状 肩こりがある、鞭打ち症、なで肩
僧帽筋で痛くなる動き ・首を後ろに倒す
・首を横に倒す
・肩をあげる
僧帽筋で発生する頭痛  僧帽筋はこめかみの頭痛だけでなく、顎の痛み、首の痛み、肩の痛みも発生します。

僧帽筋に効くツボ

天柱、巨骨、肩井、肩外兪、秉風、曲垣、天宗

僧帽筋に効くストレッチ

僧帽筋は左右に別れていますが、ストレッチで伸ばしたい僧帽筋の反対側に首を倒します。
ストレッチは1回7秒ほど行い、1日5回から10回行いましょう。

後頭下筋群

頭の後ろ下にあるいくつの筋肉を合わせて後頭下筋群と呼びます。首を後ろと前に倒す時と横を向く時に使います。

後頭下筋群が原因 片頭痛、肩こりと頭痛がある、パソコンを使うことが多い、首を上に伸ばすことが多い
後頭下筋群で痛くなる動き ・首を後ろに倒す
後頭下筋群で発生する頭痛 後頭下筋群はこめかみの頭痛だけでなく、耳の上や首に痛みが発生します。

後頭下筋群に効くツボ

天柱、風池、完骨、瘂門

後頭下筋群のストレッチ

両手で頭に手を組み頭を前に倒しながら、ストレッチをしたい方の反対側に首を回しましょう。

 

こめかみの頭痛や痛い原因と治し方のまとめ

首や肩の筋肉の緊張が取れるとこめかみで発生する頭痛が取れることもあるので、首のストレッチやマッサージをしっかり行い、首のコリや緊張を取り覗きましょう。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。