神経痛、しびれについて

こんな症状はありませんか?


・腕に力が入らない。
・手がしびれる
・肩こりや首の痛みがひどい
・腕をあげる動作が辛い
・お尻や足がしびれる
これらの症状は神経痛の可能性があります。

なぜ神経痛やしびれなどが起きるのか?

神経痛やしびれは、体の神経が圧迫されることにより起こる症状ですが、原因は様々です。
手のしびれの原因で最も多いのがパソコン作業や長時間のデスクワークに伴って引きおこる肩こりなのです。

パソコンを長時間作業していると、肩や首の筋肉が緊張し、筋肉の血流が滞り、肩こりになります。
腕や手の神経は、首(頸椎)から出て、肩のあたりを通って腕や手の先まで伸びています。首や肩のこりがひどくなると、緊張した筋肉により腕と手に向かう血管や神経が圧迫されてしまい「しびれ」を引き起こすのです。

神経が圧迫されていると、一般的にビリビリ、電流が流れるような痺れが多く、神経に沿った範囲でしびれが起こります。

特に、鎖骨周辺で神経や血管が圧迫されているものを胸廓出口症候群と言います。
首が長めで、なで肩の方に多く、手や腕のしびれの他に熱感、冷感、脱力感などの症状が現れます。
スポーツ選手にも多く見られる症状です。

その他の原因としては、首の椎間板ヘルニア、頚椎症(首の骨の変形)、手根管症候群(手首の靭帯の中を通る神経が何らかの原因で圧迫される)、頚部脊柱管狭窄症などがあります。

頚部脊柱管狭窄症では、腕や手だけでなく足にもしびれが起こり、麻痺を起こします。神経が圧迫されて起こるしびれの自覚症状は通常は片側ですが、両側でもしびれが出てくることがあります。
両側のしびれの場合は脊髄病変が考えられ、症状の進行は筋麻痺へ発展する可能性がありますので、病院での受診をおすすめします。

足のしびれの原因の多くは脊柱管狭窄症や座骨神経痛、腰の椎間板ヘルニアなどです。
疲労し、硬くなった筋肉が神経を圧迫ししびれを起こしたり、ヘルニアの場合は骨と骨の間でクッションの役割をしている椎間板の中に入っている髄核が飛び出し、神経を圧迫ししびれを起こします。