肩や首の痛みは人によってさまざまな原因があります。

症状でもっとも多い肩こりの原因は仕事や家事などで同じ姿勢をとることによって、頭や腕を支える背中の大きな筋肉である僧帽筋やその周りの筋肉の持続的な緊張によって筋肉が硬くなって血流の循環障害を引き起こしてしまいます。そのため筋肉を動かす時に必要な酸素や栄養分がきちんと届かず疲労物質が蓄積されることにより、これを刺激として肩こりを起こすと考えられています。

ただの肩こりだと思って侮ってはいけません。肩こりの中には実は内蔵疾患の可能性もあります。
内臓疾患の中で特に気をつけなければならいのが、心臓疾患と肝臓疾患。

肩の痛みの原因別チェック
肩の痛みでも原因はさまざまなものがあります。

1.肩関節周囲炎(五十肩)
・40歳以降多く発症
・運動時痛、安静時痛が発生する
・髪を結ぶ動作やエプロンを結ぶ動作が辛い

2.腱板損傷
・重い物を持ち上げると肩が痛い
・腕を横に広げて、腕を上げた時に痛みが発生し、真上まで上げると痛みがなくなる

3.胸郭出口症候群
・腕に痛みやしびれがある
・首や肩に痛みがある
・なで肩の体形

4.心臓疾患による肩こり
・左の肩だけが痛い

5.肝臓疾患による肩こり
・右肩だけが痛い
・普段お酒をよく飲む

当院では患者様の肩首の状況を把握し、適切に施術をさせていただきます。原因となっている筋肉に対してアプローチし、痛みを改善していきます。